August 12, 2020

かなり無謀な挑戦なので、きっとツッコミどころがいっぱいな挑戦です。

どうしても古い絹絵の深い色を出したい!と思い、ずっとやりたかったことをやってみました。

基本、絹絵は絹枠に絹を張って絵を描き、表具屋さんに出して、掛け軸や屏風などにしてもらえます。

当方、外国に住んでいるため、そんな素晴らしい職人さんはいません。

絹絵を絹枠で描いて、個人で表装というかたもいらっしゃいますが、個人的にはレベルが高過ぎて

難しいかなと思います。

それで、今回手元にある素材(日本で集めたものプラスこっちで調達したものを混ぜて作ってみました)

かなり直接かけるくらいの高...

March 9, 2020

昔、作ったHOLGAカメラを使った本が出てきた。

今このHOLGA、デジタルが出てるんですね〜!

知りませんでした。

これが下が表紙。

カバーが透明のプラスチック紙に転写してあります。

普通ではシャッターを押せば、オートマチックに次のページになるのですが、

フィルムという一本の長いものに適当に調整して

同じフィルムのところに違うものを

撮影という?(すいません。カメラは疎いのでどう言ったら

いいのかわかりませんが)

まるで手作りフォトショップレーヤー感ができるのです。

この時はNYCで見つけた数字、ナンバーをメインに撮影して

構成した手作り本です。

 レイヤ...

March 8, 2020

『おばけちゃんだってこわいんです』の書籍化が進んでおります。

とうとうこの写真のすべての下絵やらラフやら、

すべてがいらなくなりそうな日がきます。

よく絵本作家さんがこれだけ下絵とかラフやりましたって見ましたけど、

あれは…本当なんだなぁとこの二年を振り返って

感じました。

捨てられない下絵とかラフとかもあったり、

きっとお目見えしない絵とかも、

なんだか親しみを覚えてしまい…捨てられないなぁとか思います。

他の方がどう絵本を作っているか全く知りませんが、

すべて手探り?のやり方で色々始まりました。

長い長い旅がようやく終わろうとしてホッとすると

ともにな...

March 8, 2020

絵を描くことはまあ多少知恵と経験があったのですが、これが絵本となると大変だと気がついた。

効率的に想像しているものを視覚化して、確認して、ダメならダメ、次に行くしかない。

自分の未熟さを痛感するとともに、アニメーターってすごい仕事なんだとまったく違う職業の方を

尊敬する。

なぜなら、たとえ絵をよく描いても…ボツはボツなのだ。

画面に対して、どうキャラクターを入れていくか? 自分的にはコンピューター上で考えるより

手描きの方がいいと思い、やり始めたが、構図を変えるたびに全部を描き直すは…辛い!

そしてあみだしたのが…

ハガキを使ったイメージを膨らませ...

★書籍化進行中のため『おばけちゃんだって こわいんです』の取り下げについて


書籍化進行中のため三月十日をもって、絵本ひろばで公開中の『おばけちゃんだって こわいんです』を取り下げていただきます。

もう二年前の作品ですが、全て書き下ろしの新しいお話で書籍化として戻ってくる予定です。
でも、最初のオリジナルの形での発表は上記の日をもって最後にさせていただきます。

それまでに皆様に読んでいただき、楽しんだり、『いや、こんな絵で賞を取っちゃうの?』とか色々な方の踏み台にしていただいて(苦笑)くれたらいいと思います。

ーーーーーーーーーーー...

August 10, 2019

女子美術大学の名誉教授であられる橋本弘安先生の開発された「小さな石から天然岩絵の具作成キット」(税込3000円)を使用して、絵の具作りと鳥獣戯画の模写を教えました。

生徒さんは80才と13才!

こんな解説書が付いてきました。

          

ラピスラズリを粉砕したり…


                  


 

 

上からラピスラズリ

孔雀石

アズライト

の色ができました。

キットには石は入っていません。

上が80才、下が13才の作品です。

頑張って自分が選んだ鳥獣戯画の一場面を模写してもらい、自分の作った絵の具を塗ってもらいました。

よくできました!

March 8, 2019

祝優秀賞!ということで、日頃お世話になっている実家の両親にチロルチョコをチンアナゴデザインで送ってみました。

で、写真が送られてきて、思った感想。

かわいい!

食べたい!

でもまだ私は食べていません。

両親曰く、とても美味しいそうです。

そうですよね。天下のチロルチョコさんですから!

しかも工場から直です。

当方、NYに住んでいますから!

まだ食べていないけど、きっと美味しいと思う。

いっぱいあるとなんだか楽しい気分になってきます。これは45個だけの試作品ですが、

それだけでもなんだか製品の形になるといいですね〜。

 とても好評なので、今度は大量オーダーを...

February 28, 2019

アルファポリス社が行った「第11回絵本・児童書大賞」で絵本『ぼくたちは まっているんだ』が優秀賞を受賞しました。優秀賞は実は以前いただいた賞です。(汗)

優秀賞は、コンテストの告知は入っていなかった賞ではあったので、報告を編集部からいただいた時にはちょっと驚きがありました。正直、この絵本はターゲット層が狭い範囲かなと思っていたので、このコンテスト自体に応募することも躊躇っていたのですが、最終選考に残ったことでさえ驚きでしたが、賞をもらえることにさらに驚きました。

ただ今回は大賞がなしという衝撃の結果をみて、アルファポリス社の編集部さんも...

February 27, 2019

 デジタルを多々使用している私が紹介するのもなんですが、素晴らしい何十年と愛用している筆の紹介です。これをここに書く事は本当はためらいますが、まあ知らない人もいるので、若い人たちの為にも日本の名品のご紹介です。偉い画家の先生方が怒らないように願います。

それは、清晨堂作の筆です。

写真のは白玉面相筆です。先代の作は不朽堂作と書かれていますが、ほぼ市場には不朽堂作は出ていないと思います。

この筆は日本の筆の名人に作られており、主にプロの日本画家の間で長く使用されているものです。

筆も使い用途や好みがありますが、ここの筆を使い始めたら、もう二度...

February 27, 2019

 計算と測定とかが苦手な私がいつも愛用している定規です。

定規って何気なく使ってますが、やっぱり日本製は素晴らしいと思います。

ドイツ製のもなんだか、カチッとしていて、素晴らしいです。

アメリカ製はとにかくインチが基本なんで、PICASがついているのもありますが、それが必要な時に時々使います。

意外にもイラストレーターを始めた時に、頻度が高いのはなんと三角定規! 子供用のでも日本のはクオリティーが高いのでサクサクと線がひけて嬉しいですね。下の水色の奴はなんと分度器と定規が一緒の優れもの。日本のロフトで見つけました。

Please reload

Recent Posts

February 27, 2019

February 27, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Follow me

​無断転用禁止。

画:しばなお (c)  Shibanao

All rights Reserved.

  • Twitter

twitter