​無断転用禁止。

画:しばなお (c)  Shibanao

All rights Reserved.

  • Twitter

twitter

回想つれづれ記1 G氏について

February 2, 2019

 

実名はかけない。だってすご過ぎるデザイナーだからだ。

彼の元でわずかながら働けたことは本当に幸運だった。

アメリカ人の元クラスメイトに言われたのだ。

「G氏のところで少し働いてみない?みんなには秘密だよ」

世界的な名前のグラフィックデザイナーだ。

あっという間だけだったけど、それは全くのファンタスティックな世界だった。

 

もうあと二人のアシスタントさんとG氏の展覧会のための絵を選べと言われた。

今考えると、まだ使えない我々を『どっか遊んで来なさい』というG氏の思いやりだろう。

 

マンハッタンの中にゴシック調のビルを彼は一つ所有している。

それはどれだけ彼がデザイナーとして成功しているかの象徴でもある。

その二階を彼はオフィスとしていた。三階にはこれまた若き有名デザイナーがいた。

ちょっと変わり者の人だけど、彼もまたすごい人だった。

四階にG氏の作品が埋まっている。

そこには彼のスケッチの手帳やら、なにやらいっぱいあった。

そこでもう一人のアシスタントとわぁ〜わぁ〜言いながらM氏の素描などを見た。

パラダイスだったと思う。

もう結構なお年だったけれど、真剣にデザインに向かう姿は今でも脳裏に残っている。

 

そんな彼も実はかなりの日本のデザインファンだ。

有名なデザインの日本雑誌がデスクにあった。

『あ、これは日本の雑誌ですね…』という私に、

『そう、全く日本語読めないけど、面白いよ。日本のデザインはいいよね』とG氏は答えた。

 

月購読していたみたいだけれど、でも次号はなんと巻頭でG氏を特集していた。

そうだよね。

この人はレジェンドなんだ。

彼の元で少しでも勉強できたことを幸運に思う。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

チンアナゴ、チロルチョコを作ってみた!

March 8, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts

February 27, 2019

February 27, 2019

February 3, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags