絵本の書き方


世の中『絵本の描き方〜』とかのハウツー本がありますが、正直私にはピンと来ません。それだったらアトリエを覗く写真集の方がいいですね。

ツイッターにも書いたのですが、ハウツー本が苦手な肩に、絵本をかき始める人はこれはおすすめかも思ってメモ的な意味でこれを書いておきます。

少し引用の本は古いので知らない本は図書館などで探したほうが無難かもしれません。

編集者の立場から、どうやって絵本を作っているのか(欧米ですが)なんとなくわかる本です。

でも、この本の中で紹介されている日本人作家は数が少ないです。現在だったら、まず五味太郎の『みんなうんち』がアメリカで一番有名な日本人絵本だろうと思います。本の中では日本人作家で有名な作品は『あまがさ』1963/8/25発刊、八島 太郎作です。現代人はあまり知らないだろうな〜と思いました。同作『カラスタロウ』も衝撃的な作品だと私は思いました。機会があったらぜひお読みください。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​無断転用禁止。

画:しばなお (c)  Shibanao

All rights Reserved.

  • Twitter

twitter